読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GCalc.vimに超絶簡易補完機能を追加した

もとのGCalc.vimはこちら→VimでGoogleの電卓機能を使うプラグインGCalc.vim書いた - ほとんど欄外

scriptencoding utf-8
function! GCalc(...)
  let word = a:1 

  let res = webapi#http#get('http://www.google.co.jp/complete/search?output=toolbar&q='.webapi#http#escape(word)).content

  if match(res, 'calculator_suggestion') == -1
    echohl ErrorMsg | echo '答えが出せませんでした' |  echohl None
    return
  endif

  let dom = webapi#xml#parse(res)
  echo dom.find('calculator_suggestion').attr['data']
endfunction

function! GCalcComp(ArgLead, CmdLine, CursorPos)
  return "
        \binary\n
        \octal\n
        \decimal\n
        \hexdecimal\n
        \" 
endfunction

command! -nargs=+ -complete=custom,GCalcComp GCalc call GCalc(<q-args>)

具体的にはGCalcComp関数を追加して、コマンドの定義行に少し書き足した。GoogleCalc関数には変更はない。補完出来るのはbinary、octal、decimal、hexdecimalの4語のみ。feetとかmileとかpoundとか他にも追加しようと思ったけれど複数形の事考えると面倒になってやめた。必要と有らば適当にいじってやってください。補完をもっと拡張したいなら:help :command-completion-customあたりを見ればいいんじゃないかな。

追記2011-04-10:
思うところあって名称変更。GoogleCalcからGCalcへ

当ブログに於いて、私tasutenによって創作されたことが自明である著作物に対しては、別途明示のある場合を除き全てCC0が適用されます。