読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 10.04 LTSにGMTをインストールしてみた時のメモ

日々改善 Ubuntu10.04にGMT4.5.2をインストールとはほんの少しだけ違う感じでやってみたので。

I.install_gmt.shの準備

ftp://ftp.soest.hawaii.edu/gmt/ よりinstall_gmt.shをダウンロード

II.GMTparam.txtの準備

GMT公式HP(The GMT Home Page)のDOWNLOAD>1.UNIX or LINUX>INSTALL FORMへ
選択肢は順に

A.
1."SI units (cm)"
2."Encapsulated PostScript (EPS)"
3."YES. Use file locking"
B.
1."Please get and install the latest netCDF 3.6.x"
その下の"Give full pathname to the netCDF directory:"のフォームには/usr/local/netcdf
2."Do not build optional/experimental GDAL grid import"
C.
1."Asia (ISV, Hokkaido University, Sapporo, Japan)"
2."Passive ftp"
3.すべてチェック
4."Watson's algorithm"
5."Static Libraries"
6.gcc
7.make
8.上から順に/usr/local/gmt
/usr/local/gmt/bin
/usr/local/gmt/lib
/usr/local/gmt/include
/usr/local/gmt/share
/usr/local/gmt/man
/usr/local/gmt/www
9./usr/local/gmt/share
10."Install all selected coastline files in $GMT_SHAREDIR/coast"
11(Select supplemental packages to install:).デフォルトのまま。MEXとXGRID以外チェック
11(Additional information for MEX (Matlab or Octave):).同じくデフォルトのままノータッチ
12."Run all example scripts (assumes doc tar archive was chosen above)"

netCDFのところが日々改善 Ubuntu10.04にGMT4.5.2をインストールと違う。この方の記事では初めにnetCDFを別にインストールされてるけど私の場合はnetCDFのインストールもインストールスクリプトにおまかせで。
で、"GET PARAMETERS"を押してその結果をコピペってGMTparam.txtとかなんでもいいから保存する。

III.いよいよインストール

gmt_install.shとGMTparam.txtを適当な名前のディレクトリに放りこんで実行権限を与える。

$ mkdir GMT
$ mv gmt_install.sh GMT/
$ mv GMTparam.txt GMT/
$ chmod +x gmt_install.sh

そして実行。数分〜十分くらいは掛かるかも。

$ sudo ./gmt_install.sh GMTparam.txt

IV.GMTのパスを追加

~/.bashrに

export GMTHOME=/usr/local/gmt
export PATH=${GMTHOME}/bin:${PATH}

V.後片付け

さっきgmt_install.shとかを放り込んだディレクトリを抹消。sudoじゃないと消せないっぽい。

$ sudo rm -rf GMT/

一応これでシステム再起動してちゃんと実行できるかどうか調べる。例えばこんな感じ。よく分かってないけど。

$ pscoast -Dh -R-30/150/10/40 -N1 -W0.5 -G220 -Jm1:25000000 -X1.5 -Y1.0  -V > 10-40.eps


ちなみにこの地図の範囲は「10/40の窓」(10/40の窓 - Wikipedia)と言われる範囲だとか。何となくこの言葉を思い出したのでこの地域で書いてみた。

ついでに言っておくとEPSファイルはGimpで開けるのでPNGとかGIFとかにラスタライズするならGimpでOK。

当ブログに於いて、私tasutenによって創作されたことが自明である著作物に対しては、別途明示のある場合を除き全てCC0が適用されます。