読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年の夏期休暇振り返り

そろそろ大学の夏期休暇が終わりそうなので日記的に。

今年の夏期休暇も割と色々ありました。


まずですが、OSC京都2013にローカルスタッフとして参加してました。
当日は主にローカルスタッフブースで女子大生に囲まれながらArduinoを弄ったり、ブースに来てくださった方とお話したり、LTでeject帽を被らされたりしてました。
いろいろ有りましたが未熟者の私としてもとてもよい経験になってすごく充実してました。
前年はスタッフとしては初参加ということでかなり無理してて体調を崩したりもしましたが、今年は2回目ということもあり余裕が出来てきて楽しめました。最近はArduinoやRaspberry Piのような物理層寄りの技術がもっと高水準のレイヤのエンジニアにとっても比較的身近になってきたのでこの流れが広がると面白そうだなぁと思ってます。
また、こんな場でのお礼となりますがOSC京都に来てくださった方々、また関係者の皆様、ありがとうございました。
去年と同じような感想になりますが、やっぱり大勢のエンジニアや学生が実際に集まるこういうイベントというのは熱気・覇気があり良いものですね。


さて、その次ですが、今年も夏コミ一般参加してきました。2日目でした。凄まじい蒸し暑さでした。コミケ雲見てきましたよ。
私は東をメインに周ったのですが暑さも凄まじいですが湿気が恐ろしかったです。
立ってるだけで汗が全身を覆い尽くしてそりゃコミケ雲という名の靄も掛かるだろうと。
館内は湿度が高すぎて直射日光が当たる外の方が潮風が吹く分(比較的)快適というおかしな状況でした。
あと、自販機は大体完売してました。
暑すぎてサークルをろくに回れなかった(´・ω・`)ショボーン
と、その帰りに今年も秋葉原も寄りました。とらのあながビル2本ぶち抜きで「すげー」って思いました(小並感)。
そういや『デンキ街の本屋さん』の聖地はアキバのとらのあななのだろうか…


で、3回生なので研究室配属がちょうど夏休み前にあってその研究室の合宿やらでBBQやったり梅酒飲んだり琵琶湖で泳いだりしたり。
8月の終わりにはうちのサークルのHackathonのようなものがあってProcessingでライフゲーム作ってました。
https://github.com/tasuten/processing-lifegame


なんやかんやで9月。
同じくサークルの合宿があって飛騨高山でまたBBQしたりしてました。あと、ウィスキーやらウォッカやらカクテルやら色々飲みまくって2日目丸々寝て過ごしました。
さらに土産にカップ酒+つまみという。

帰りには名古屋の大須に寄ったりしました。またジャンク屋でけったいなネットワーク機器買ったりまんだらけで同人誌買ったりしてました。18禁のものの写真も含みますが写真はこちら。ジャンク品はガンコンとかPS2用モデムとかEthernet HubとかスマホのモックとかPS2の縦置き用ホルダーとかガラクタばっかり。
https://twitter.com/tasuten/status/375244913413074945/photo/1
ちなみに名古屋では帰る寸前に記録的豪雨に降られて死ぬかと思った。


で、他には関西情報系学生団体交流会(KC3)というのにうちのサークルとして参加してきました。
雰囲気は2013年度 関西情報系学生団体交流会(KC3) まとめ - Togetterまとめなどで見ていただくとして、私は何していたかと言いますとTwitterしてた『情報セキュリティ技術入門』と題してセキュリティ技術の入門勉強会を開いたりしてました。最後のほう突貫で書いた資料とかはhttp://tasuten.github.io/docs/kc3_2013/presen.html(リポジトリhttps://github.com/tasuten/kc3-2013)に上がってるので気になる方はどうぞ。
ちなみに、資料の最後の20Pは1日2日で書くという暴挙に出ましたが何故か間に合ったので良かったです。もうすんじゃねーぞ。また、懇親会ではTwitetr上のフォロワーの人とかとリアルに飯食ったり楽しかったです。

そして昨日9/13。悪夢と思われた成績発表がまさかのGPAがV字回復で今日の私は機嫌が良いです。
ちょうど艦これも始めましたし。数時間前に始めたばかりの俺提督の第一艦隊は響ちゃんと電ちゃんが主力です。

なんやかんやでこんな夏休みで割と主に家で寝まくってて時間がなくて忙しかったですが充実してて良かったです。
多分人生最後の夏休み(来年は卒業研究に追われそう)、充実して良かった良かった。

というわけで秋学期も頑張ります。

当ブログに於いて、私tasutenによって創作されたことが自明である著作物に対しては、別途明示のある場合を除き全てCC0が適用されます。