読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neocomplete.vimでGaucheのx->integerみたいなのを補完出来ないのを直す

結果的に言えば、neocomplete.vimのデフォルトのパターンでは>を含む場合は考慮されていないので こんな感じにg:neocomplete#keyword_patternsを設定する。

その後、キャッシュファイルの再生成を忘れずに。

具体的には~/.cache/neocomlete/dictionary_cache/=+Path=+to=+.gosh_completionsを削除して、 もっぺん適当なSchemeファイルを開いて少し編集すると勝手に作りなおしてくれる。

let g:neocomplete#sources#dictionary#dictionaries = {
\ 'default' : '',
\ 'scheme' : $HOME.'/.gosh_completions'
\ }

" Define keyword.
if !exists('g:neocomplete#keyword_patterns')
  let g:neocomplete#keyword_patterns = {}
endif
" 英字のみキャッシュする
let g:neocomplete#keyword_patterns.default = '\h\w*'
" Schemeの識別子はちょっと特殊
let g:neocomplete#keyword_patterns.scheme =
\'[[:alpha:]!$%&*+/:<=>?@\^_~\-][[:alnum:]!$%&*./:<=>?@\^_~\-]*'

ちょっと嵌ったのでメモ書きとして残しておく。

追記:

パターンの変更に関しては取り込まれたようです

Improve Lisp/Scheme keyword patterns · c506ad4 · Shougo/neocomplete.vim

当ブログに於いて、私tasutenによって創作されたことが自明である著作物に対しては、別途明示のある場合を除き全てCC0が適用されます。